2009年11月30日月曜日

月刊社労士11月号(2)

P18連合会通信に、第1回」委託事業関係対策委員会の報告が載っています。
「委託事業の・・受託の可否につき検討する」ことを確認した、と。

前号によれば、
「委託事業が連合会の目的に沿っているか否かについて検討する」
と紹介されていた。

これは、たぶん、先の連合会総会での、質問をうけてのことかも。

いわく、(7月号、P10)
兵庫会、石原代議員が、
「年金相談センターが社会保険労務士法で規定した業務かどうか」
との いわば 当然の質問に対し、当時の会長大槻氏が、
「会則や法律に問題が出るのであれば、そこは当然改正するなど、前向きに検討していけばよい
という方針です」と 答えていた。

なんじゃ、この答弁。実に問題だな。と思ったものだったが、どうやら新執行部内にも
同じように指摘した方がいたのかもしれない。

おほ、結構、けんぜんじゃあないか 新執行部。


「年金相談」は 個々の社労士の本業、なんです。
年に1,2度のイベント行事なら、日ごろお世話になる国民の皆様へのご恩返しとの意味からも
ユルせるにしても、常設で、しかも、なんだよ、この「年金相談センター構想」とやらは。
あ、、ちが。この話題じゃない、きょうは。

まあ、でも、この委員会、お目付け役になりそうだから期待しましょう。
「年金制度」を支えるのは社会保険労務士だ、などとの思い込みで、勝ってに受託してくるなんてことは
なくなるでしょう、きっと。

月刊社労士11月号(1)

「労働紛争解決センター愛知」の設立が紹介されています。
いわゆるADR機関が、京都会を皮切りに、続々と設立されている。
かいけつサポート
以下、連合会、沖縄、鹿児島、愛知、大阪、兵庫、福岡、千葉、神奈川、山形、神奈川、東京と続く。

眺めてみると、面白いことが。
手続き実施者の要件から 「特定」の冠をはずしたのは、愛知と連合会のみだ。

連合会は 「会員」がほかとチト違うのでわかるが、それにしても 愛知だけとは。

まだ、京都、沖縄しか認可されてなかったころに、 連合会専務理事に会う機会があったので
(あ、いや お見掛けするチャンスがあったので、だな)
聞いてみた。

「あれ、どうなの?間違いとはいわないまでも、特定という文字ははずした方が、いいでしょうに・・・」


すると、専務理事 こたえていわく、
「法務省が そうでないと 認可をおろさないんですよ・・・・」と。


ほんとかなあ。
手続き実施者と 特定社労士とは 別物なんだから、法務省がそんなこと
言うはずないと思うんだが、どうなんでしょうか。

・・・・んなわけで、 愛知会の 「快挙」(あは)に反応してしまう。

あ、そうそう、千葉会も 他会とちがった要件を設定しています。興味ある方は
かいけつサポート
ぜひどうぞ。

2009年11月29日日曜日

祝杯


今朝はやく、顧問先社長夫妻が見えた。
手に、 花とワイン。

そして、奥様、おめでとうございます、と。


そうなんです、ウチのやつが 先の社労士試験に受かっちゃったんです。
特に隠すつもりはなかったけれど、まあ 急いで発表することでもなかったので
黙っていたのだけれど、ウチの職員から聞いたという。

ありがたいことだ。
ウチのやつも 感激。

で、 今宵は そのワインで乾杯。
先に合格してほしかった息子ともども 3人で祝杯。
 

2009年11月28日土曜日

あっせん申請書等の起案(の訓練)は無意味...と、おっしゃる受験生の方がいます。

よそ様のブログにコメントすると自動的に自らのブログに投稿となるのか思ったら
そうではなのね。
 。。。ということで、 コピペしておこう。

orangesrさんのブログへのコメントです。

あっせん申請書等の起案(の訓練)は無意味...と、おっしゃる受験生の方がいます。

ちょっと、「特定」社労士を誤解なさってるのかな?

どんな「事実」が「権利・義務の発生移転消滅」をもたらすのか、この訓練がまあ いわば 試験の中心であり、であるからこそ「起案」の訓練。
「合格後にいくらでも学べる」ことを試験するのが特定試験。

合格後にいくら学べるにしても、ここのところが わからないと、そもそも合格しないんでないのかなあ。

無意味、といってはいけませんでしょうネエ。


ちなみに、この「無意味」発言を逆アセンブル?すると、

「特定社労士は、裁判によらずして個別労使紛争の解決をあっせん代理します」

というお決まりのワケノワカランフレーズがでてくるのかもしれない。

(サポータあらためsr-jinjin、、です。これまで なんどかおじゃまさせていただいた者です。
このたび ワタクシメも ブログ というものを始めてみました。作法がよくわかりませんので無礼があったらお許しください)
仕分け結果

個別労使紛争に関するWGのレポートを見ると、

評価委員に「弁護士を中心とした紛争調整委員会」との発言があったというが、ほんとかいな。

え?そうなの? という感想が正直なところ。

2009年11月27日金曜日

「押」して シルベシ。。。かよ。

「押」してしるべしは、もっと 違うとこじゃん。なにをおいいか。

うーん。事務組合 の総会。

事務組合の総会準備で忙殺。

たぶん 全国的?なんだろーなぁ.

まあ、この「苦しみ」は、とーじしゃ にしか わかんねーかもしんねーな。

え?オレは「苦しま」ないって?
そりゃ、よーござんすが、 「社労士法」との関係はどなんざんしょねえ。

チト、説明に クリョすんじゃあないの。

アーカイブ カレンダ 追加

アーカイブ カレンダ 追加
あった、あった、ここにあった。よーやく めっかった。

2009年11月24日火曜日

また出た!「あっせん代理」

sr-ta3ブログ 11/23付けの ここ をみると、


連合会から なにやら 通知が出たもよう。


また出た!「あっせん代理」。
社労士法改正後は、 紛争解決手続代理、というんでなかったっけ。

「あっせん代理」略称のそもそもの意味は、紛争調整委員会にあるあっせん制度を利用して紛争を解決したいと思う方の代理をする、ということだったハズ。

社労士法が改正されて、「特定社労士」が登場した今は、紛争調整委員会のあっせん制度ばかりでなく、 均等室の調停とか、民間機関の紛争解決のために用意した制度への「かかわり」(省く、説明)を もつことが できるようになっているのだ。

ねえ? そうでしょ。

2009年11月23日月曜日

ここがyahoo (リンクの練習) はは、色の練習もしてしもうた。


2回目

編集マシンをかえての投稿

発芽き、 おっ? 初書き

これから はじまろーってのに、貼り付け画像、サンセットかよ。サンライズならともかく・・・
まあ しかたあんめい これしか画像がなかった。