2010年2月25日木曜日

え?1050円?

社労士会の紛争解決センターがぞくぞくと開設する今日このごろ
皆さんいかがお過ごしですか、ってどっかで聞いたような。

かいけつサポートセンター

新潟以下4件(広島岐阜石川)がふえましたが、なんの感慨もおきない。
手続代理者の 要件 も さして興味なし。も どうでもいい。
(手続実施者)


まあ、がんばって つかあさい。

なにか 面白いことないか、と あちこち県会の あっせん手数料を眺めていたら・・
(準則?のようなものが 10,500円であったのかもしれん) 10,500円という
ところが多い。
 ほか、5250円とか 3150円。

ところが なんと 福岡は 1,050円というんでないの。

これ、 10,500円の タイプミスでないのかね?

2010年2月23日火曜日

おいおい、その「不利益変更論」だいじょーぶかあ?

いわく、労働契約法第9条、、、あ 憲法9条じゃあないよ

-----
第九条  使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、
労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。
ただし、次条の場合は、この限りでない。
-----


あのねえ、
ここで いってるのは、
(1)個別の合意によることなく、
(2)就業規則を変更すること(のみ)によって、
不利益に労働条件を変更してダメよ、といってるのであって、
不利益変更一般を否定してるわけでないのよ。おわかり?監督官さん。

不利益に変更したらダメよとは、仮にそうしても おそらく合意されないで
しょうよ、というだけであって、こんなことに 法律はノコノコとでしゃばり
ません。 「うん」といわなければすむんです。
就業規則の一方的変更によって、不利益に変更してはいけませんと
言ってるにすぎません。

本日は、均等室(ん? 今は呼び方違うんだっけ?)のやんごとなき方も
そのようなことを口にしてましたなあ。


あんまし そういうことばかりいうと、 作るぞ、「9条の会」。(ーー;)

2010年2月18日木曜日

あ~~、夢よもう一度

sr-ta3さん コメントありがとうござます。
(気がつきませんでした、すみません)


>「最終是正督促」ってのは、むしろ内部向けのパフォーマンスなのではと・・・


だといいんですけどねえ。
この春にお見えになったばかりなんです。


>この時節、異動が予想される公務員さんは、出来るだけ「速やか」かつ「出来るだけ精いっぱいや>った」パフォーマンスが必要であり、「飛ぶ鳥あとを濁さず」状態がよろしかろと・・・


昨年は、「濁して」本庁へお帰りあそばされた方がいまして、そのおあとを引き継いだ方の
その処理たるや、機械的だこと、機械的だこと、こうも違うものか、と思ったほどでした。

あ~~、夢よもう一度・・・ ってなわけにはいかないか。

2010年2月13日土曜日

県会から 広報誌が届いた。

県会から 広報誌が届いた。

見ると、年金相談センター開設に向けてのルポのようなものが
載っている。

・・・
 うーん。 みな 善意で頑張ってんですなあ。
 

もう、あまり、モンクなど言わんほうがいいか。

2010年2月9日火曜日

えっ? サイシューゼセートクソク??!!

最終是正督促とは 初めてだなや。この世界に30数年いるが。

なるほど、中身は 以前の 是正勧告 と同じなれど、
前口上が違うわ。

是正勧告時は、 
  「この勧告に従わないで労災事故がおきたら送検することもあるよ。」

最終是正督促時では、 
  「この勧告に従わない場合は送検することもあるよ」、と。

どーすんだろ、おらしらね。

2010年2月8日月曜日

今宵は近衛文麿公

去るほどに東京を出向いた折、八重洲書店にて買い求めし「欧米見聞録」より。

・・・
ああ国際聯盟はかくの如くにして遂にこの世に現れたり。会議果てて人並みに
押されつつ外務省の門を出づれば、先ほどの吹雪は已に収まりて西に沈み行く
太陽は凱旋門の空を真紅に染めなせり。余は門前に群れる無数の自動車の総
て散じ去るまで黄昏のセーヌ河畔に佇みて、独り世界平和の将来を想ひぬ。

2010年2月3日水曜日

社労士の「品性」

いやはや、 社労士たるもの、会からの旅費日当を平然と受取るようでは、その品性きわめてよろしからず、ってか。

sr-jinjinは ありがたく 平然と おしいただいておりました。

たしかに、余の品性よろしからざること、これは認める。
一番近くにいるわが女房のいうことだから間違いない。

されど、 それは、食事中に屁をこいたりのゆえであって、平然と受取るから斯くいわれるのでない。

まあ 正直にいえば、 「平然と受取るという品性に疑わしさを感ずるという品性」を疑わざるをえないのだ。

思うに、 理事の職務に対する考え方の根本的な違いがあるのだろう。

詳しくは おいおいに。

2010年2月2日火曜日

指でなぞるカーソル(2)

うん、なんとなく コツがわかってきたぞ。

レ点を逆にはねるような要領でやると、スクロールモードにはいれるようだ。

でも、まだ息子のように鮮やかにはできない。


さあ、次は 出先からVPNへのログイン実験だ。
ヤマハが vpnクライアントの試用版を提供してくれている。
これを やってみよう。
インターネットへアクセスした時に感じた限りでは、なんとか
実用に耐えるスピードは期待できるかもしれない。

2010年2月1日月曜日

指でなぞるカーソル・・・

ちょっと お休みしてる間に 2月になってしまった。

きょうは 実は トーキョーへ出張。さる弁護士さんとこへ 相談に出向く。
代理相談だ。
あ そんなこたあ どーでもいい。

ショチョー、これもってきます?
と、 特定じゃなく予定社労士たる息子が、差し出した ノートパソコン。

そういえば、ついこないだ買ってきたばかりのものだ。
なんでも、インターネット無線つながりができるやつだ。なんと 山奥にある自宅
でもつながる。
去年 東京にいる娘にかってあげたのは、同じく無線だけど、 国道幹線沿い
しかつながらなかったが、最近は つながる場所が増えてるようだ。

そのノートを持て、というわけだ。
新幹線の中で インターネットでもやってったらどう?てなわけなんだろう。


本題。
ノートの 指でなぞるカーソル、これが苦手でネエ。
息子のをみてると、自在に操り思うがままで 楽しそうなのだが、
どうにもいかん。
特に、スクロールするためのやり方、右上から左下へ斜めに滑らせてスクロール
モードにはいるやり方が うまく制御できない。
指先の腹を使うからかな? いや つめを使えばいいのか?
どれもだめ。

あーあ イライラ。

こうみえても、今から20年ほど前は、パソコンの神様、なんて思われてた時期
があったんだけどねえ。

とにもかくにも、
新幹線から事務所宛にメールを送ることはできた、
「目下 (大宮?品川?)通過中!!」 とね。(^_^)