2010年3月31日水曜日

哀しくて笑えない。

当ブログにも読者は、いるらしい。おそらく 社労士さんでしょう。
だから おそらく あの「有名」な掲示板も覗かれていることでしょう。
sr-jinjinは 賛意をもって眺めてるのではない。まあ いってみれば 
スべらないかなあ、とちょっと意地悪な動機でそうしてるまで。


今朝は、そっちの話題。

為政者?
為政者ですか、うーむ。

これじゃあ、裁判官も苦笑せざるをえないだろうて。
はたして 最後まで読んでくれてるかどうか。

県会の会長やら、その執行にあたる理事を、「為政者」というんでは
いけませんです。

いつぞやは、社労士会に「権力」があるようなことを言ってましたな、そういえば。

同じ社労士として、(応援することもあるんだから) チト気をつけてほしいな。

2010年3月30日火曜日

第5回紛争解決手続代理業務試験の結果が発表されました。

第5回紛争解決手続代理業務試験の結果が発表されました。
ここ

合格率が60%台です。
低いですね。

何が試験されるのか、を理解できれば、高得点かどうかはともかく
「誰しも」が合格すると思うのですが、皆様はいかがお思いでしょうか。


「あっせん申請書や答弁書」を起案させるのは無意味である。こんなものは
合格後いくらでも参考書で学ぶことができる」とうそぶいていた あの方、
は どうであったでしょうか。
sr-jinjinの見るところ、不合格ではなかったかとフんでるんですが、さて・・・・

2010年3月29日月曜日

e-gov新装開店

「還元」をアテにしてきた方には申し訳ない。今宵は電子申請話題。

e-gov画面が新しくなりました。ここ

「一括申請」とやらは まだ その全貌を現しません。
ウワサにては、電子署名作業が軽減されるやに聞いているが、
はたして どの程度の軽減か気になるところ。6月が待ち遠しい。

今回の新装開店にて
「改善」を期待していたところがあった。

これまで 何度か 言ってきたが、 これまでの方式では提出先
をリスとボクスから選択させていた。
申請先は、北海道から沖縄まで どこでも選択できる。しかし
実務上は そんな 選択の必要は まったくない。
企業が決まると、選択先も自動できまるのだ。

つまり マスターとして持てる。
これを なにゆえ 選択させているのか実に不思議。


結果は どうであったかーーーー。

同じだ。以前と。
変わっていない。
相変わらず プルダウンからリスト選択させる方式だ。残念。

2010年3月25日木曜日

読めば読むほど。

読めば読むほどに、怒り が湧き起こってくる(^_^).

(再掲)


















「会員に還元された」かってことだけれども、
まあ、ワシが 理事であったら、この編集委員は
即刻クビじゃ。
こんなこと 書かしておかん。

会費が 会員のために 還元されてるかって発想なのが
そもそもいけない。
ご本人は、 正義の味方気取りなのだろうが、怒りを通り
越して噴き出してしまうのよね。

会員のために還元・・・
ほれ、ご隠居から得た情報で失敗する八や熊がいるでしょう、
あれをついつい思い出してしまう。

こと 県会については、 「総会」が すべてを決する権限を
持っていますのでね、 極端なことをいえば、 還元するか
還元しないかは 会員の意思にて決めることが可能なん
ですのよ。
そこには、 結果から見て(何処に支出をしたかという結果
を見て、との意味)会員に還元されているかどうかなどと判断
の入る余地などない。

つまり、 「還元されていない」こと「総会で決まった」こと、この
2つが相反したときは、 「総会で決まった」が優先するのよ。

それに対して不服があるときは、 監督官庁(労働局長だったかな)
に申し立てればいい。
「機関紙」に 訳知り顔に 還元、還元なんて騒ぐんじゃないの。


申し立てたら一笑に付されます。

 
 なぜ、還元されてるか、と声高にいうか。
それは、 正義としての声を張り上げていたいだけなんです。
だから 自分の滑稽さには ずえったい 気がつかない・・ 


この 「還元」者は 次に何をいうかというと、
還元するための 研修 をやったのか、
その研修は 会員にとて役に立ったのか・・・
・・ と、お決まりのコースにはいる。

あ、あ、あ 思いだした。
県会において 研修会設置責任者となっていた時だ。
やはり、 その研修は 会員の役にたったのか、と食ってかかるヤツ
がいた。

 だから 言ってやった。

「県会において設定する研修会は、会員のタメになることをムネとして
設定するのではない。そのようなものは、各自が各自の価値観において
どんどんと計画されたらよろし。
県会というところは、むしろ 役に立たないと思われる研修を、計画実行
するところだ。あんた 自分でカネ出して 役に立たないと思われる研修
会を設置できる?できないでしょ? だ・か・ら 県会でやるのよ。」











 
 

2010年3月24日水曜日

検索で 引っ掛かったついで。

いやはや 笑っちゃう。

検索で 引っ掛かったついで。
去年の 神奈川会の 総会の様子がここに

(1) 理事が 所信 を表明するんだって。へぇー。
sr-jinjinには 理事に所信があるというのが不思議でならない。
仮に、 理事になったとき求められたら、こう答えたであろう。
「会則に従うだけ。あれをやりたい、これをやりたい、会員
のために尽くしたいなどとは これっぽちも思いませんので
よろしく。
もちろん 食える社労士を排出 輩出できるよう頑張るつもりは、これまた
これっぽっちもありません・・・」

西日本の「法律に明るいらしい社労士さん」に聞こえたら、
何をいわれるかわかりませんが、とにもかくにも
そうやって、6年間の理事を勤め上げました。

在任中、とんでもない理事だ、やめろー、なんて声は聞こえ
なかったなあ。

会報の該当箇所再掲




(2)信任投票をすべきだって?
こういうのが わかんないのよねえ。

ま 所信 を言わせようとする発想と軌を一にする
お考えなのでしょうが。



(3)もうひとつありました。



















こういうのは おちょくりたくなる。
大体にして、「公益法人」だと思ってるのが哀しい。

これは 「機関紙」ですからねえ。しかも「無署名論文?」だ。

「今後の対応を検討する必要があるものと思われる」なんて
言ってますが そんな必要ないって。

なにかい?
3分の1未満になるように 会費 でも 上げるとでもいうの?

2010年3月23日火曜日

月刊社会保険労務士 3月号

<社会保険労務士 神奈川 高橋修司>

で 検索してみた。
あ その筋ではググッた、というらしい。いやいや 正確には
ヤフった、というべきか。

すると、こんなのが 引っ掛かった。
http://www.kanagawa-sr.or.jp/member/kaihou/pdf/200901.pdf

会費滞納 強制執行立会ルポルタージュ。
アタマで紹介した高橋修司氏の筆になるルポ、だ。
筆力、というのでしょうか、わずか1000字程度では有りますが、
臨場感あふるる描写で、さながら テレビの実況中継をみている
かのよう。





















一緒した鵜飼弁護士とは、かの「能力担保」検討委員会のメンバー
であった方なのか、
はたまた 現場に居合わせた「子」というのは、月曜日の午前という
時間帯からして まだ就学前の子なのか、してみると、そのような子
をもつ安藤某社労士は まだ 若いのでないのか、なにゆえにまた
強制執行をされるに至ったのか・・・・
など いろいろなことが 思い巡らされた。


その、高橋氏。
月刊社会保険労務士 3月号で、 これまた 確かな筆力にて、
3号業務からADRへ、と副題をもつ 「今日まで そして明日から」を
書いています。

過去において、
本人から業務上災害申告あったものを、署に不支給決定させたこと
のある身としては興味深く読ませていただいた。 


第1回、というのだから 連載となるのかな?













 

2010年3月17日水曜日

食材、おっとっとっとぉ贖罪決議

これを贖罪決議といわずして何という。























かつて、有料で相談を行っているワシをどうしてくれる、と
抗議した身としては まずは一安心。

そして もうひとつ安心。
このような決議を必要と思ってくれる理事会にも安心なのだ。







2010年3月16日火曜日

黙秘権

「小林千代美」サマで逮捕された北教組幹部らが 黙秘 していると。

黙秘、で思い出した。
70年代初頭のころだ。



先輩から聞いた。残念ながら バリケード世代ではありませんぬ。

(念のため、WEBを検索してみた。1番はさらされてましたが2番はなかった)


「赤い靴」のメロディにのせてお歌いください。

赤い旗 ふってた 男の子
おまわりさんに つれられて いっちゃった~

今頃は 麹町の 拘置所でぇ ♪
黙秘権をつかあって い~るだろ~ぉ

2010年3月15日月曜日

「退任後の私見」から

以前、それもかなり以前。いまだ 理事の リの字にも関係しなかったころ、
「公式ルート」から、こんな話が聞こえてきた。

「今、連合会の中西会長は、自分の意に即す人間だけを自分の周りに
おいておこうとする組織改革を考えているようだ。これは、中西の独裁
を更に強めようとする画策であり、断固許すわけにはいかない・・・」

こんな感じであったかと思う。

当時、「ふーん」。
それはよくないことであるぞよ。
でも、けしからん、とは思いつつ何をするでもなかった。



ところで、次を見ると、

その独裁画策とやらは 平成6年に検討された運営意改善委員会のこと
だったのかもしれん。















会議にはカネがかかるようだ。この節約をどうすべえ、が真相か。

理事等その行動・権限が、法の目的に縛られていることからしたら、全国津々浦々
からカネをかけて集めて議論をしなくともよいのでないか、との思いに至は自然な話。
ところがこの純粋な発案は、ややもすると、地方のトウキョーさ行きたい派からすると
メーワクなはなしとなり、それが 独裁云々の論理を生み出した・・・ということか。



今にして思えば、とんだお騒がせな当時のうわさではありましたが、研修至上主義
会員の方々からみたら涙が出そうな記述もみえる。
くだんの文書最後のほうには、
 連合会の会議開催に工夫をすれば 1000万から浮き、「これを各会や地域
 協議会の研修等に振り向けられればと考えたのです」
とある。

この「私見」。別な発見もあった。
連合会総会において、現在取り入れられている代議員制に関し、名誉会長は、
これを必ずしもいいものと見てはていなかったようだ。

むしろ、会の代表たる会長が総会構成員ではなく、選ばれてくる代議員は会員
の中から選ばれてくるにしても、会の運営につきどれだけ責任をもって出席して
いるか疑問だ、と。

ここを、どう読むかであるが、労働組合の組織運営になれた連中にしてやられて
思うように組織編制ができなかった中西名誉会長の悔しさを独白したもの、と読
んでみたい。(けっこう 多かったと思うよ、もと「闘士」の県会会長)

いずれ、今の代議員制度に対しては、いい論点を提供してくれてると思いますな。

2010年3月14日日曜日

わが会の「他策ナカリシヲ・・・」かな。

今更ながらに、前々々会長の考えを聞きたくなって、探した。

確か、sr-jinjinが 県理事になったころ、回顧録のようなものを書いていた
記憶がかすかに。

あった、あった。
月刊社会保険労務士2002年6月号。


それにしても、 徳田球一とか伊井弥四郎と 同時代だったんですな。

2010年3月12日金曜日

ふふ、人形といえば・・・

ふふ、人形といえば、こんなのも買ったことがある。
数年前、 屋久島へ「杉」を見に行った折、鹿児島空港にて
買い求める。


同じく、 怒り を静めるための おまじない であった。

当時、県会「総会」には、 わからずや が 跋扈。
しかも そういうのに限って 声が大きい、ときたもんだ。
総合労働相談所 と 予定されるADR機関の区別がついてない。
手続実施者も手続代理者も、そんなちがいなど どこ吹く風。

そんな 認識をもとに、やれ 社労士法改正反対!!。

当時の青木局長のような答弁を すればできたでしょうが、総会は
そんなことを 議論 する場所でない・・・  あ、あ、あぁぁ思い出す。

あ、そうそう。やれ 公益法人会計基準によれば、 総支出のン%は、
研修のための費用に・・・なんてこという会員暦ン十年の人もいたっけ。 

総会当日、答弁席の前に これを 鎮座させておけば 冷静に なれるかも
との目論見であった。
つい、先輩であろうとなんだろうと 皮肉っぽく 答えてしまうクセがあった。
要するに、これでもかこれでもか、と再起不能なぐらいにやっつけてしまおう
とするのよ。

そのための予防布袋サマだった。

しかし、さすがに 恥ずかしくて、会場へは持ち込めなんだったなあ。

2010年3月11日木曜日

Doc Worksがあるので、今度は、これにて管理することとしよう

電子申請に添付するCSVファイルには、999までの、連番が振られるが、
その番号、このたび 999に達した。
20年の7月に、 単一電子署名が可となったときに、ゼロクリアしたので
999件を費やすに約2年半ということか。
もっとも、雇用保険の得喪にCSVを使えば、もっと早かったかもしれない。

いわゆる「総括票」も、申請が完結するまでは、必要じゃろうと 印刷して取っ
ておいたが、それも こんなになっちゃう。

せっかく、XEROXの Doc Worksがあるので、今度は、これにて管理することとしよう。
紙代など微々たる物というなかれ。印刷物の管理や、はては 後々のシュレッダのこと
を考えると、デジタル化にしておくのが 如何に気が楽かということがお分かりいただけ
よう。

このDoc Worksは、 先に、複合機をXeroxにいれ変えた時に 頂戴してたものだ。

電子申請は、PDFとかJPGとかが 標準となってしまい、Docを使用できる場所なくて
きたが、その実力は なかなかのものがあるのだ。

PDFに比すると 軽い、早い。

・・・ということで、 早速、電子申請専用PCの 通常使用するプリンタに 
このDocWorksを指定した。

作るのは簡単。仕様チェックプログラムから印刷指令するだけなのだ。

問題は そのあと。
データベースの仕組みの中にどのように 取り込むか、だ。

とりあえずは、 のちのちダウンロードする公文書を入れ込むフォルダに入れておこう。
こうしておけば、リンク情報の 定型的推定が可能なので、データベースにおける個々の
人事データにもリンクを張りやすい・・・・・。

さて、この取り合えずの結論、果たして吉とでるか凶とでるか。


 





2010年3月10日水曜日

ご利益多し

早速、デスクトップにも飾り、毎朝 チ~ン。




本日は も一つおまけに チ~ン。

なんせ、昨日、webを見ました、との問い合わせがあって、業務を依頼したいとのこと。

ああ、ありがたや、ありがたや、
こんなことなら もっと大きなお人形さんをこうてくればよかった(^_^;)

2010年3月9日火曜日

電子申請,ミスっっちゃった。

ついつい 管理が甘くなる。




みさなんも、関連会社を合わせて顧問契約していらっしゃるでしょ?

実質、会社は一つなんだけど、 モロモロの事情で 2,3個の法人に

なってるというアレです。



以前、紙のときには、 横印、代表印もらうときに むこうさんが

ちゃんと区分けして 押してくれるから 間違いはなかったんだけど、

電子申請になったら、 「押印」行為がないから、 こちらで 入力間違えちゃうと

一直線。あれよあれよ、というまに 公文書が届いてしまう。





年金機構に、速攻電話。

かくかくしかじか、すみません、かくかくしかじか、・・・どうしましょ?



すると、 赤字で書いた取得届を紙で出してくれ、と。

(取り下げ申請かな?と思ったが、どうも そうではない、と

取り下げ、とは こういうときに使うんじゃないようだ)



ともあれ、皆様もご注意あれ。

2010年3月8日月曜日

毎朝、これに手をあわせることにしよう

プロフィールの写真を入れ替えた。

昨年の秋、善光寺に行った折、門前にて購入したものだ。
近年、怒りっぽくなってきて、何に対しても、口をはさみ、嫌われる・・・

ウチのやつの提案で、これ を仏壇におき、毎朝手を合わせたら、と。

そして・・・
そうねえ、 1週間ぐらいは続いたかな、殊勝なる手合わせ。


そこで、そうだ! と。

メールチェック、ブログテェックは 毎朝といわず 欠かさないので、
そのときに 手を合わせられるようにしときゃあいいか。


そんな経過で、 プロフィール画像の交代です。