2010年11月30日火曜日

今月の読書22年11月

この11月は けっこう読んだ。





















本屋店頭にうずたかく積まれてる「もしドラ」
どんなもんなのかなあ、と手にとって見た。

文芸春秋今月号に、都知事さんが「日本堕落論」を載せていた。
中に、「閉ざされた言語空間」とやらに触れられていたので、どんなものかな?と。

読んでみて、そういえや、猪瀬副知事の「ジミー・・」も同じような問題意識からかな?
と手にとって見たが、どうも 江藤淳さんほど深読みはしていない。

なんてったって、長編「夜明け前」。
竜馬、竜馬と幕末ブームらしいので、 手に取った。

第4冊目から読んでもよかったかな。それまでは、馬籠での明治維新定点観測。
最後に来て、直訴事件、放火事件、座敷牢とつづく。

直訴事件の際、今風に言えば、江戸所払い、国許強制送還となったが
処分の際の「判決」文が、なんと、
  「過誤につき贖罪金三円七十五銭申付くる
   明治八年」
とあるではないか。
 明治のはじめっころは、「贖罪金」といったんですね。

「卵をめぐる祖父の戦争」。
どっかのどなたかが、一晩で読んだとwebにあったので、よーし、と。
残念ながら、一晩では無理だったが、 戦争の悲惨さ、特に地上戦の場合のそれ
を否応なく知らされます。

 よろしかったら どうぞ。あ、女性は読まんほうがいいかも。


あらためて眺めてみると、最近はどうも「保守」系の本が多いですネエ。
分水嶺は、「佐藤優」からかもしれない。

2010年11月29日月曜日

雇用保険の電子申請受付が一時停止

やや旧聞に属するが・・・って 大げさ。
雇用保険の電子申請受付が一時停止するという。
ここ



---------------------------
2010年11月12日 職業安定行政関係手続きに係る電子申請のe-Govにおける受付けの一時停止について
ハローワークシステムの更改に伴い、職業安定行政関係手続きに係る電子申請の受付が一時停止となります。利用者の方々には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。



停止期間:2010年12月10日(金)19:00 ~ 2011年1月11日(火)00:00まで

電子申請の停止期間中におけるお問い合わせについては、最寄りの公共職業安定所(ハローワーク)までお問い合わせください。
ハローワーク一覧

なお、新システムの更改に伴い、電子申請については、従来、返戻書類を郵送していたところ、電子媒体により送付することができるようになるなど、利便性の向上が図られることも見込まれるところですので、引き続き、電子申請を広くご利用いただきますようお願いします。

--------------------------

ひとつ。
長い。1ヶ月は長いです。
ふつう、こんなのは 一晩だけじゃない、停止するのは。
擬似環境は作れるはずだから、そちらで開発修正し、本ステージへは
一晩で終える、、、これが フツーでしょう。

ITガバナンスとやらがないと ベンダーさんのいいなりとなり
こうなっちゃう、と思うんだな。

繰り返すが、取得喪失を電子申請で行っているものにとっては、
1ヶ月は 痛い。

結局、お役所にとっては、電子申請とは受付側だけのものと
思っているということなんでしょうね。

ふたつ。
「電子媒体により送付することができるようになるなど」
とある。

電子データにより送信、とは書いてない。
電子媒体? まさか FD? USB?
そして どうするんだろ? 使い捨てかなあ。

まさか、 データを取り出したら、お近くのハローワークまで
お返しくださいってか?


みっつ。
「など」とある。

どこをどうなおすんじゃろか。離職票交付用の喪失がらみかなあ


では。

2010年11月27日土曜日

問責決議趣旨説明

きょうは、26日の参議院本会議 森ゆうこ議員による仙石官房長問責決議
提案趣旨説明をきいてみた。

森議員、調べてみると 弁護士さん。
なるほど、どうりで。

特定社労士の受験生にとって、この演説は いい教材になる
のではないかなどと思いながら惚れ惚れして聞いた。


今国会は、聞き応えのある質疑が多かった。
稲田朋美議員にはじまり、石破、世耕、丸川、そして今回の森議員。
26日の西田議員賛成討論は、時間がなくなり急いじゃったようですね、おしい。

それにしても 便利な世の中になったもんだ。


# でも、 なんで、 動議読み上げのとき、
#   ギチョーーーー
#      とか
#   求めま~~~すっ。
# なんて いうんでしょうね。

2010年11月26日金曜日

航空ショー?

納涼祭(夏祭り)だというのに、なんで 航空ショーって間違ったかなあぁ、
と少しばかり反省していたのだが、ようやくわかった。

今、世耕委員とのやり取り(参院予算委員会)の中で、 北沢大臣が
いい間違いをわびていた。

そう、出もとは北沢大臣の言葉だったようだ。
んじゃあ、間違えてもしょうがない。


・・・とうことで 気を良くしての書き込みでした、まる。



 

2010年11月21日日曜日

月刊社労士2010年11月号

月刊社労士11月号が届く。

社労士法改正にむけて政党への要望がなされたらしいので
そんな記事でもあるかな、とパラパラ。

 なかった。


連合会便り欄に、「街角年金相談センター長会議」のことが
のってる。

会長のあいさつ、、
「皆さんも連合会の職員であることを認識し・・・・・」

うをっ。

どうやら、 「不埒」なヤツがいるんだな、きっと。
でなきゃ、「職員であることを認識し」なんてあらためて言わんだろ。

ほら、みたことか、と少しばかり溜飲をさげる。

まさか、
入間基地航空ショー納涼祭での某民主党議員のように、
「テメェらあ、このオレを誰だと思ってるんだぁぁ」などと
は言ってないとは思いますがね。

2010年11月20日土曜日

ぼ、暴力装置。

そのうち、 ヒワカイセイノサンブツ、、、なんてことばが 予算委員会
あたりで聞かれるかもしれない。
要注意、国会。

2010年11月8日月曜日

そ、そんな使命など、自覚してないって。

ネットを徘徊してたら、妖怪と間違われた、、ってのはウソです、はは。

かなり南の地方の県会HPに 次のごとくのページがあった。

こんなです、、
--------------------------------------------------------------------------------------------
社労士は使命を自覚した。
○手続業務で、労働者へ基本的人権である社会保障を適用させ、
○就業規則の作成で、全ての事業所において労働法のコンプライアンスを遵守させ、
かつ運用指導で処分権の濫用を戒め、労使紛争を未然に防止している。
○人事コンサルタント業務で、労働者の働きがい、生きがいにかかわり自己実現を応援する。


社労士は使命を実行する。
反貧困への提言
 ~労働・社会保障政策の転換を~

プロフェッションを我々の職業倫理として確立しよう。
------------------------------------------------------------------------------------------


たかが手続業務に、「基本的人権である社会保障を適用させ」、とは
ちょっと 大げさでないの?
しかも、 それを 「使命」だ、と。

恥ずかしくないのかねえ。

いえいえ、 「手続業務」を馬鹿にしてんじゃないのよ。
それは あっしの 本業。
尊敬こそすれ馬鹿になどしてまへん。

いいたいのは、
「基本的人権」や「社会保障」にとって、 「手続業務」は瑣末なことだ
ということなのよ。それは あまりに 不似合い、不釣合い でしょう。

おのれの業務を肥大化させて表現したい---、その気持ちは同業者として
わかるんだけれど、もうちょっと クフーしてほしい。

就業規則云々にも一言。
「コンプライアンスを遵守させ」って 言い回しはどうか、ということはおいといても、
「作成」が「遵守」させることになるってのはどうでしょう。
「遵守」させるために、あるいは コンプライアンスのために、「作成」や「変更」は
あるでしょうけど。

「かつ」以下にある「処分権」とは 懲戒処分のことを言ってるんでしょうか?
未然防止は、なにも 懲戒処分 に限ったことではないと思うのだが。

いずれにせよ、すこし 血気にはやるとでもいうのか、そんな感想をいだかせる
キャッチフレーズだ。


#このシンポジウムに、 「連合」がいないのは どうしてなんだ?

2010年11月2日火曜日

はや11月

はや11月。レイによって駄句を。




贖罪寄付のハナシを聞き及んだ閻魔大王、
不平を洩らして一句ものしたそうな。

その寄付は ワシまでこないと 愚痴をいい







・・・お粗末さまでした。