2012年2月24日金曜日

大星ビル管理事件(1)

大星ビル管理事件

そもそもどんな事件か。
月に数回、仮眠時間(7~9時間)を含む24時間勤務をする警備員さん達が
仮眠時間も労働時間なのだから、時間外勤務手当、深夜勤務手当を払え、と
請求したものであった。
蛇足ながら、つけ加えれば、賃金規程に定めてあるところの
 時間外勤務手当
 深夜勤務手当
を払え、ということだ。

この事件、先回りしていうと、
地裁では、仮眠時間も労働時間であるとして請求全面認容。
高裁では、仮眠時間も労働時間であるとしたが、当然に賃金請求権が発生するのではない、と
ガクっと 額が下がって判決。
最高裁では、仮眠時間も労働時間であるとしたが、当然に賃金請求権が発生するのではないと
ここまでは、 「ほぼ」高裁と同じ。
だが 高裁さんは、
  変形労働制の成立につき検討してないんでないのかい、
  時間外労働時間の算定がおかしいんじゃないの、
  法37条の割増賃金の計算、間違ってんじゃないのかい、
と差し戻しちゃった。
そしたら、高裁審理中に、 当事者が地裁での判決額で和解しちゃった、、、
というものでした。

前にも言ったが、 仮眠時間が労基法上の労働時間であるか否かは、そう興味はない。
そんなもんか、あるいは そんなもんだろ、が正直な感想。

実務家社労士にとっては、むしろ、「その後」の方だ。
割増額をどのように計算したんだろうか。

地裁において、原告が請求したその考え方は このようなものであった

月給 195,660円 泊り勤務手当て1回につき2,300円
(賃金体系は こんな単純ではないが、煩瑣を避ける為割愛)
月間平均労働時間数 156時間
仮眠時間が労働時間とされることによって賃金計算を必要とされる時間は
 時間外時間 40時間(泊り勤務5回)
 うち 深夜分 35時間

時間外勤務手当 195,660÷156×1.25×40 =62,720
深夜勤務手当 195,660÷156×0.3×35=13,195
(この会社の賃金規程では 深夜に対しては30%の割増であった)
(端数が出て合いません。お気に召さるな)

上記2つの合計から、泊り勤務手当て(2300×5=11,500)を既支払分として
控除した額,すなわち
 62,270+13,195-11,500=63,965

このような考え方で計算すると、10人分それぞれ約6ヶ月で 請求額合計は
約300万であった。
(最高裁民事判例集56巻2号だと、一人ひとりの請求額が確認できます)

これを 地裁は すべて 認めた。

ところが 高裁では、
仮眠時間を労働時間としながらも、有名な句、
「仮眠時間が・・労働時間であるからといって、当然に時間にみあった賃金請求権が
生じるということはできない」
と、本体部分(1.25でいうところの100の部分)の請求を否定し、請求額を大幅に
減らして判決した。

 さて、高裁は どんな考え方であったのか。どのような理論構成であったのか。

つづく。。。。(ナンチャッテ)
************************************************
以下訂正、自己批判?
上記、
「本体部分(1.25でいうところの100の部分)の請求を否定し、請求額を大幅に
減らして判決した。」
というのは まちがい でした。

大幅に減らされたのは 間違いではありませんが、 時間外労働とされた時間
のカウントが大幅に減ったということです。
1審原告のほとんど(1名を除いて)残業なし、との判定です。

残業があったとされたわずか1名の 時間外計算を トレース すると、 
100部分も普通に計算されて、判決されてます。
230880円÷156時間×1.25×12時間(63年2月分)というあんばいです。

してみると、
「当然に発生するわけでない」とは、 単に言ってみただけ、ということ?

いやいや、「言ってみた」ことが大きいノダ、ということでしょうかね。

・・・・・・・と ジコヒハン でした   m(_ _)m
 

**********************************
いえいえ、必ずしも まちがい というのでもナイナ。
というのも、
最高裁判決文いわく、
「・・・泊り勤務手当て以外には賃金を支給しないものとされていた
と解釈するのが相当である」

つまり、払い分(貰い分)は、もうないよ、と。
しかし、労基法13条の直立効により云々と続くわけだ。

してみると、最高裁は、 控訴審のこの式、
230880円÷156時間×1.25×12時間(63年2月分)
を否定してることになりますな。

はっきりとはいってないが、
230880円÷156時間×0.25×12時間、でいいのよ といってることに
なる。

うーん、、、
差し戻されちゃったのが残念だ。










2012年2月20日月曜日

とうとう電源、断。

ドメイン移行が完了、DNSも完全に切り替わり、とうとう
電源を落としました。
 長い間、お疲れ様でした。

左側のは、初代のもの。

webにいたずらされて、そのままにしてあります。いつか 解析する時がくるか
と思い、そのまま 持っていましたが、もう そんな気ないなあ。

神棚にでもかざっとこうかしら。

2012年2月18日土曜日

石橋教授

熊本会のHPを眺めてたら、、、、、

総会資料がアップされてて、その中の、22年度事業に、次のような箇所が、、、

------------------------------------------------------------------------
事業委員会主催による研修も多数開催された。
・・・6回シリーズで・・・熊本大学法科大学院
教授の石橋洋氏による「労働問題研究会」を開催した。
-----------------------------------------------------------------------


たまたま、最近、労働時間とか時間外手当のことに興味をもって調べ物をしていましてね、
そこで、よくお見かけするお名前が、「石橋 洋」。

そんで、つい 反応、というところです。

この 閑居小人sr-jinjin 、人様のブログにちゃちゃをいれたりの不善をなすばかりではいけないと
たまには お勉強もするのです。(^_^;)


石橋洋 「労基法上の労働時間概念と判断基準」 講座21世紀労働法所収
 これは、 かの 菅野和夫先生も あの「労働法」のなかで、基本文献として紹介しているもの。
 労基法上の労働時間に関する 学説 を 整理してくれています。
 荒木尚志「労働時間の法的構造」とともに、悩んだら、いつでも立ちかえってくる本だ。
 (ところで、この荒木本、アマゾン古本で 20,000円台!)

石橋洋 「労働時間の概念」 労働判例百選七版 三菱重工長崎造船評釈
  大意は、上記講座21世紀労働法所収と同じ。

石橋洋 「実作業の準備行為等と労基法上の労働時間性」
     法律時報72巻10号 三菱重工長崎造船評釈
石橋洋 「作業服・安全保護具着装の労働時間性」
法律時報68巻 3号 三菱重工長崎造船(高裁)評釈
これらは、
 労基法上の労働時間に関する学説が、 「指揮命令下説」、「部分的2要件説」、「相補的2要件説」などと
発展進化する中で、作業服などの装着問題がどのように位置づけられるかを考える上で丁度良い論文、、
と 素人sr-jinjin には思えるもの。再読候補。

石橋洋 「労基法上の労働時間と賃金請求権」
     労判828号 大星ビル管理事件評釈

この論文は、目下の興味。
そもそも、「大星ビル事件」は、 仮眠時間も労働時間とされた最高裁判決であると、ジンコーニカイシャされてるが
sr-jinjinの興味は、第2の論点たる、賃金請求権が当然に発生するや否や、というところ。
この論文は、大星ビル最高裁判決前夜において、地裁高裁レベルで、 この「賃金請求権」がどのように争われどう判決されてるかの状況を類型化してくれ、それらと大星ビル最高裁判決との関係を論じたもの。

実務家、sr-jinjinとしては 大いに興味をそそられるところ。

ところが、 論旨が ムツカシー。(ーー;)

そんで、 ちいっとばっかし、腰をいれて、論評対象となった地裁高裁の判決文をよんでるとこデス。


、、、とまあ、熊本HPから 飛躍して、自分のメモとなってしまいました。

2012年2月15日水曜日

Pogoplug Mobile が届いたとの連絡が、、、

sharocさん コメント有難うさんです。



Pogoplug Mobile が届いたとの連絡が SoftBankショップよりありました。

もとは といえば、

orangesrさんからの情報、http://blog.goo.ne.jp/orangesr/d/20120214


でありました。

早速、設置。

window から 写真と pdfファイルいくつか をアップ。


そして、クロッシー経由で アンドロイドから 閲覧というのを をやってみました。



いいですね。


ずうっと、 VPNばかりにこだわってきましたが考えようですね。

2012年2月13日月曜日

Pogoplus Mobile

sharocさん コメントありがとうさんです。




近くの SoftBankショップに行きましてね。

「Pogoplus Mobile」というのをくれ! (おっとぉ、Pogoplug 、でした)

といったら、「少しお待ちください・・・・」と言ったきり奥へ引っ込んでしまいなかなか戻ってこない。

しばらくして 出てくると、
「あのぉ、この商品は お取り寄せになります・・・」と。

ん? いや そりゃあ 困る、ワシは今日(日曜日のこと)、いろいろと実験したいんじゃ、、
という思いでいると、

「お取り寄せいたしますか?」、と来たもんだ。

こら、なんじゃい、 孫正義の経営理念にモトる店舗だなや、ここは(^_^;)
ワシは 今、欲しいんじゃ、 注文なんかしてやるか!

ドアを蹴飛ばさんばかりの勢いでその店をあとにしたのは言うまでもありません。


・・・

そして、本日。

やっぱ ほしくなって、改めてその店舗へいき、注文してきました。

2012年2月12日日曜日

理念にモトる、、、

理念にもとる、とは どういう意味か、
よく理解してから使用されたらと思いますね。

心当たりの方、教育勅語を読めとはいわないが、
すぐに修正したらと思いますヨ。

、、、と 余計なお世話でした。