2012年11月23日金曜日

いろいろと厄介な画面が、、、

久しぶりに、電子申請をしてみたこと既報のとおり。
日ごろは、職員さんにまかせっきり、でした(ーー^;)

いじってみて、、、

提出先入力は いただけませんなぁ。
以前にもいったことがあるかと思うが、この入力画面にみる発想(設計シソーとでもいうのかな)はプログラマー特有のものですね。受信する省庁側の発想ははいっていないし、勿論 送信側への気遣いなど一切ない。

もちょっと、官の発注者サンは、 ガバナンス力(りょく)を発揮してもらいたい。

提出先、たとえば、 東京飯田橋にある事業所が 雇用保険の資格取得を申請するとき、 選択の問題は生じないでしょう? つまり送信前には どこが送信先になるかはすでに確定している。
 つまり、つまり、「東京飯田橋にある事業所の雇用保険の資格取得」に際しての送信先が、前回は 飯田橋職安 だったけど、今度はどこに送信しようかな、ってことは、絶対にないってことです。

 こういうことは 入力させては いけませんです。

 手間としても けっこう わずらわしいのよね。

-----------------------

ほかに なんかある?ときいた。
そしたら、 添付書類の 繰り返し処理がいやだ、と。
たとえば、 提出代行書類と 疎明書。

確かに、厄介だね。


そこで、よおーし、と。イッケイヲアンジタ。

あらかじめ、提出代行PDFを テーブルに取り込んでおき、
被保険者を指定したときに自動的に作成される「疎明書pdf」レポート
の2ぺーじ目にリンク付けしちゃう。
こうすれば、一つのPDFファイルに 2つのPDFデータを表示できるだろ。

そしたら、 添付作業は 一回で済む、、、。


さあて、うまくいくか。
















2012年11月20日火曜日

じぃっと、我慢してたんだけどね、、

そんなに理事報酬を辞退することは お思いになってるほど
立派なことではありませんよ。

そんなことは、理事職務にとって、タアイもないこと、です。

過去2年間の岡●県会総会議事録を眺めたが、 旅費日当制度
を問題にして議論したふうには見えない。

「立派なこと」にしたいのなら、総会議案として発議しなくっちゃ。
理事会における発議権を最大限に利用し、総会提出の議案となるべく
はかるがよろしい。

そういうこともしないで、 アタクシは理事報酬を辞退しました、どうだっ!
なんてのはチャンチャラおかしいんですよ。

ま、ここらは 自らを「論客」と称する人には理解できんだろ。 


NセンセもOセンセも知らないが、、ん? もしかしてOセンセって、 OSM先生のことかな?
いずれにせよ、賢明な選択なんでないの。










2012年11月14日水曜日

一喝しただけで終わり、という判決なんてないのかなあ

ここのところ、セクハラがらみの判決文をいくつか手にとった。
ホントは、 法的な思考の訓練のツモリなんですよ、、、

しかし。

問題が問題なだけに、ついつい事案の概要の方だけに目がいってしまう。


えー? そこまでやるか!
おいおい、キョートーセンセ、どうした!

かっ、会長サン、御歳いくつ?

うーっ、よく言うワ

などなど、、、


そんな中、日本郵政公社(近畿郵政局)事件。
女性から男性に対するセクハラ行為として取り上げられる事案です。

読んでみて、 これって、セクハラなだろうか?です。
かなり、加害者とされた女性には同情します。

4400万を超える請求に対し、15万の判決でした。
裁判て、こういう事案に対し、無力なんだなあと思いました。

いっそのこと、裁判長さんが、被害者原告Xに対し、
「こらっ!」と一喝するような判決だと良かったのにな、と思います。

アーリントン墓地で乱暴狼藉をはたらいた少年に、アメリカの
裁判官は、映画「プライ」ベートライアン」をみての感想文を書けとの
判決を言い渡したとか。

 
 そんな、粋な判決は わが国では無理ですかな。










2012年11月13日火曜日

えっ、離職票50名???

離職票の電子申請、1,2名ならまだいい。
さすがに、50名ともなると、手入力? やってられないですねえ。

かといって、 今更 手書きするわけにもいかん。

そこで、
(1)先方さんに、とにかく エクセルデータでいいから くらりょ。
形式は、
月、名前、出勤日数、総支給額でいい。解雇だから、半年分でいいわ。

(2)もらったデータと 当方データベースとリンク付けする。
(鍵は、 名前。スペースを除去して、姓名の連続文字列として比較させ、
当DBのユニークキーを取得する。)

(3)いただいた50人×7ヶ月分はデータが縦型に展開されているので、
これを横型に変換。離職票電子申請入力エリアに データを自動転送するには
横型でないと具合がわるい。というか 管理上、その方が楽チン。

(4)自動転送は↓を使います。「ペースター」というソフトです
http://homepage2.nifty.com/autumn-soft/paster.htm
各人の出勤日数や総支給額を予め「ファイルとして作成」しておくと、
このソフトは、 e-govの 離職票欄に ペタペタとデータを自動で転送してくれます。
労力軽減、大なるものあり、です。

(5)ここでいう 「ファイルとして作成」 が 技能を要するところ。
エクセルデータから当該人を抽出し、「ペースタ」ソフトが待ち受けてる
データ形式にて作成することになる。

・・てなわけで、 準備万端相整い、この解雇日15日を待つ・・・という次第であります。


2012年11月7日水曜日