2012年12月24日月曜日

トートロジー? (労働事件審理ノート)


労働事件審理ノート「改訂版」 
第7章時間外手当請求事件を眺めていたら、





















三菱重工長崎造船所事件に触れたところがあって、(p114以降)

そこには、こうある、

「労基法上の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいい、
この労働時間に該当するか否かは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれたものと
評価することができるか否かにより客観的に定まるものであって、雇用契約、就業規則、
労働協約等の定めの如何により決定するものでないと判断している。」

御存知のかたは御存知、、(あらら 同罪だわ。)

正確にいうと、判決文ではこうである、、

「労働基準法32条の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいい、
右の労働時間に該当するか否かは、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと
評価することができるか否かにより客観的に定まるものであって、労働契約、就業規則、
労働協約等の定めのいかんにより決定されるべきものではないと解するのが相当である。」


「行為が」が抜けている。

(約定などではなく)客観的に定まる、ということを強調したいということなのかもしれぬが、
この事件に続く大星ビル管理事件などでは、「労働者の行為でないもの」も評価の対象
となってくるわけであるからして、正確に 書くべきではなかったのかねえ。


この「改訂版」の前、すなわち「第3版」も 同じであった。


、、、ということで、今回は 重箱のスミ でやんした、マル。







2012年12月21日金曜日

月刊社労士2012年12月号

月刊社労士2012年12月号が昨日届いていたが、
昨夜は、当事務所の忘年会であったため読むことができなかった。

久しぶりにコメントを。


・社労士会シンポジウムが取り上げられています。
副会長の挨拶、あらためて目でおうと、あっせん云々は2箇所ありました。

・森岡孝二教授の「定点観測」。
今から40年ほど前になる。この森岡先生、「経済科学通信」なる「手書き」の
雑誌を作って配布(有料でしたけど)していました。
ウロ覚えだけど、 「国家独占資本主義」がどうとか、こうとか、というようなもの
でったやに記憶する。
月刊社労士にあるprofileから 推測するに、関西大学に就職する前の頃だったの
ですね。
 1944年お生まれというから、もうすぐ 古稀を迎えるのですなあ。

・連合会通信
マイナンバー・・タスクフォースでは、(大谷香川会長座長、座員は、今お忙しい
であろう^_^東京会副会長大野氏) 山本常任理事から「意見を伺った」とか。

 ??。
常任理事が、タスクフォースの意見を聴取することはあっても、その逆はねえだろうに。

・倫理研修設例問題
かの 安西先生が この問題集をみたら なんと コメントするでしょうか。

そもそも 倫理研修を 義務化したのは、(或いは されたのは)、
 社労士たるもの、国民が困る振る舞いをしてもらっては困るのだゾ、
 おめえら自分達でなんとかせえ、
ということが、根底の根底にあるはず。

設例問題、はすべて 国民の側がな~んも困っていない。
ま、わずかに 設例12は 関係ありますかね。

簡裁代理権へむけた法改正を日程に上らせるのであれば、また 「馬橋先生」
でも呼んで 倫理研修内容を再構築せなかんんでないですかな。


・投稿
石川会長菊地氏が投稿しています。
好感のもてる内容ですね。
こういうものは、社労士法25条の38など 蹴散らして進めばいいですね。

第二十五条の三十八  連合会は、厚生労働大臣に対し、社会保険労務士の制度の改善に関する意見又は社会保険労務士の業務を通じて得られた労働社会保険諸法令の運営の改善に関する意見を申し出ることができる。






2012年12月19日水曜日

感動にウチフルエテおります,Nexus7

最近、Nexus7+Wi-Fiを持参することが多い。


小さからず、大きからず、重からず、、、ノートパソコンとは また違った手軽さがあり、

丁度いいのだ。


Fuji Xeroxが beat-boxのNexusへの対応をしてくれたというので早速,Vpnを通してみた。


MSSQL Console Plus (¥99)で 事務所DB(MSSQL)へ接続すると、

なんと、なんと

データを取得できるではないか。(当たり前か  ーー^;)



 これは、感動的です。わが事務所にとって カクメイ的です。

データの取得それ自体への感動ではない、そんなこたあ、window ノートですでに実現体験済み。
そうではなくて、7インチのモバイルで、可能となった、そこに大いなる価値があるのだ。

























10年ほど前から、当事務所では 着信電話を全て入力させ、入力し終えたらボタン一発、

リアルタイムで担当者への携帯へ即転送、、なんてことをしてきました。

ショチョーとしましては、いつでもどこでも、着信電話の全体像を常に把握しておきたいノダ。

画面は、データの 37000件目以上を取得したもの。




2012年12月18日火曜日

なんだかなぁ、、、

社労士会シンポジウムの様子が配信されていますが、、、

http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/topics/2012/1203.html

副会長のあいさつ、 いまだに 「あっせん代理」といってますねえ。

抵抗ないのかなあ。リーダーたるもの もちょっと ことばを大事にしてもらいたい
気もしますが。


、、、と思っていたら。



社労士総研におけるプロジェクトの研究成果、「その後」の成果物が公開されていますが、

http://www.shakaihokenroumushi.jp/social/integrated-research-mechanism/index03.html

その中の、
「ADRの実践マニュアル作成とその運用に関する研究」

ここでも、 「あっせん代理」と表現しています。

理論活動なんだからサ、 ゲンミツに言葉を使ってほしいですねえ。








2012年12月17日月曜日

秋季定例会

関東地協秋季定例会が10月にあったはずで、、

東京会は、各県でのデータのバックアップ体制について提案した(する?)とか。

また、茨城会だか千葉会だかは、
社労士法第27条違反行為における各会の取り組み状況を提案するとかしないとか
聞いていたが、そのあと どうなったんでしょ。

 記事は 1月号あたりかな。