2014年1月29日水曜日

パススルークエリ

SQL2012+Access2013の組合わせは、ADP方式が打ち切られている。
SQLへのリンク方式でしかつなげない。

テーブルの設計はできないは、修正もできないは、不便なことこの上ない。
(もちろん、SQLを発行すればできそうだけれど、ADP方式での設計修正の気楽さには及ばない)

しかし、ADP方式での、パラメータ付ストアドプロシージャの作成は 結構面倒だったが、リンク方式だと、従来の MDBでの作り方でいいので、更新クエリーの作成はかなりお手軽だ。

しかし、 おっそい(遅い)

便利でいいんだけど、おそくて使い物にならん。
(通常のLAN内で使用する分にはいいんだけど、VPNを通すと、全くだめ)

しかし、方法っちゃ あるもんだ。
 

パススルークエリーというのを使うといいらしい、、ということで 初めて使ってみた。

結果。
おおっ、速い。

これなら実用できます。

また、 ADODB(方式というのか)で記述しても 同じく速い。記述と言っても、ほとんどおまじないなので、そんなにハードルも高くない。

・・・ということで、 着々と、SQL2012への移行が続く。



2014年1月27日月曜日

また、ン十人の離職票だって・・・

また、ン十人の離職票だって・・・

なんだってまた、最近は 大量に出たり入ったりするなあ。

さすがに、 あんな一人一人の送信なんて やってらんない。
かといって、なに?パーソナルなんとかの一括申請? これも、web上で一件一件保存してくんでしょ?
やってらんないよ。

ということで、 またぞろ CSV方式におでまし願うこととなる。

雇用保険喪失系のフォーマットは まだ手を付けていなかったので、それにとりかかる。
XML形式と違って、 昔のファイル形式だから、桁数や、データタイプ、などを注意するくらいでいいから 割合と簡単に、しあがった。

こうして、ン十人を まとめて 一度の送信で済ませれば、かなりの時間が節約できる。送信自体は数分ですむ。

え? 肝心の離職票はcsv方式ないじゃないかと?

そうです。ありません。
csvでまとめるのは、「喪失届」のみ。

離職票は、 水平プリンタで、印字出力とします。
こっちは こないだの経験からして 一時間もあれば十分。

喪失届の作成(データ設定)は、おそらく 1分もかからんだろ。
すでにある被保険者マスタの退職日と離職理由を一括更新し、csv化プログラムを実行するだけでいい。

目下、解雇予告期間中。
テスト時間も十分ある。
今度は 完璧に仕上がるだろう。





2014年1月10日金曜日

XMLファイルの比較

電子申請が無事完了した離職票データのXMLファイルとうまくいかなかったXMLファイルの比較をしてみた。

どこが ちがうのだろうか。

タグ数が700近くあるので、こりゃあ てえへんだ、と思って始めたが、意外と簡単であった。

正しいファイルをメモ帳にドラッグ。
それをコピーして エクセルシートの第1列に貼り付け。
改行コードも記述してあるらしく、整然と縦一列に並ぶ。全行数600余。

次いで、NGのXMLファイルを同様の方法で、エクセルに第2列目に貼り付ける。

第3列目に、IF関数を記載し、全く同一であれば 0 を返すようにし、違っていれば 1 を返すようにした。
 この間、わずかン秒。

そうすると 一目瞭然。1 と、書かれた行が いくつか出てきた。

<付記欄/>が<付記欄_安定所提出用/>と訂正されてたり、
最後の方に
<check_flg2/>

<check_flg3/>
が追加されたりしていた。

こんでは、処理が NG となってもしかたあんめい。


結論。sr-jinjinのおっちょこちょいでした。

昨年の秋だったか、喪失処理後の被保険者に対しても離職票の電子申請が可能となって、その際versionが変更となっていたが、なんと前versionのフォーマットに対してプログラミングをしていたということだ。

作業の途中で どっかで 入れ違っちゃったんだろうなあ。
くやしいけど しゃあない。

でもなあ、入力チェックは、通過したんだよね。
自分の不手際を棚に上げていううんだが、 e-govさん、もう少し形式checkを強くしてもらっていればよかったなあ。(コラ!)

こんどは うまくいく (はず) だぞ。次の離職票が待ち遠しいや。





2014年1月9日木曜日

年末からIT三昧な日々が続く

年末からIT三昧な日々が続く。
レイの寅さんブログも、突っ込みどころ満載なのだが、ちとそれどころではない(^^;)

暮れに 送信した大量の離職票電子申請がここへきて、トラブル。

なんでも、ハロワのマシンで処理が継続できないんだとか。自己都合とか、会社都合とか離職理由によって、職安が、1Aとか4Bとかなんとかと決済(入力)するところがあるんだそうだが、そこまでくるとトラブルが発生するら・し・い。

なん度かの職安側とやり取りでわかったことは、どうやら、こちらで送信するデータを 独自にXML化しているところにあるようだ。

件数が少ないときは、e-govに キーボードより直接入力して電子申請しているが、このときは職安側にエラーはでていない。

同じe-govを使用するにも、予め作っておいたXMLデータを読み込ませて送信すると上記の問題が発生する。

こっち側としては、e-govのエラーチェックも通っているし、受付側に問題があると思うのだが、いかんせん公文書が発行されないんでは、そろそろ 退職者さんからも 苦情が届こう。

ああ、なんとかしなくては。

「で、どうする?」
「も一度、、、送信・・・・、入力して送信・・・してほしい」
「えーっ、!!」

・・・・
シコシコと手入力なんぞ、やってらんない。
やむなく、急遽、ドットプリンタ印字用にフォーマットしなおして、作成することとあいなる。

よかったなあ、出物、vp-4300を購入していて。

エプソンから 水平プリンタが発売されていて、長らく vp-4000の世話になってきた。
最近は、複写式の労働保険料通知書・領収書の印字につかっていた。これが あまりに古くて、windoow8にはドライバがうまくsetできない。この件、MicrosoftともEpsonともやり取りしたのだが、どうにも原因不明。
そこで 4000はあきらめ、その上位veisionたる4300の中古物を買っていたということだ。

かんわきゅうだい。

XMLの読み込み方式だと、電子申請するに、一人当たり 平均10分(あ、ロスタイムイ込みです^_^;)は、かかる。
50人の場合、 50×10=500分、8時間をこえることとあいなる。
ところが、ドットプリンタで、紙印字方式だと、(フォーマットが済めば)、印字時間は50人でも 1時間とかからない。
なんだかなあ、という気になりますな。離職票についてはは、あんまし、電子申請に拘らないようにしようかなあ。
もっとも、紙だと、職安まで 出向かなくちゃならない、混雑する窓口で ジッと耐えていなくてはならない、喪失届けも 別途記入し提出しないといけない、、、

うーん、どっちが いいかな。

もう、いっちょう。

Dellに発注していたPowerEdge T110が、暮れに届く。タワー型サーバで29,800円だ。
これに、Window Server 2012(R2)と SQL Server 2012 をインストールしてみた。

Micrisoft Access2013が SQLとのADP対応をやめてしまったので、今後AccessはSQLとはあらたに
どのような付き合い方になるのかを確かめたかったのだが、何よりもかによりも、Surface Proのうめき声、

       「う~、、オレをはやく使ってくれえい・・」

の声に悩まされ続けていたのじゃ。

実験してみて、

(1)杞憂だった。
というのは、事前情報で、今後は、Access側からODBC経由でリンクしていくこととなるとは聞いていたのだが、
そうしたら、エンジンは、SQL側でなく、Access側を使用することとなり、処理スピードに影響がでる(もし、そうであれば通常のLANでもデータがでかくなると無視できないし、VPN上はほとんで使える状態ではないだろう)ことが想定され、そんなことまでしてデータをSQL上に置いておく意味などなかろうに、、というのが気になっていた。
ところが、どっこいでしたね。
SQLにおくクエリーもリンク状態で見えるし、スピードには影響ないことが体感できました。むしろ速くなってるかなという気さえします。

(2)ただ、 これまでは Access側から直接、テーブルの設計、やデータベースそのものの設計ができていたがこれが切り離されてちょっとやりにくくなったかなあ。
でも 慣れ の問題か。

(3)上記と関連して、ストアドプロシージャの作り方が 従来のように Access側のウイザードをつかって ホイキタッとはいかないようだ。この方面 ちと ケンサンを積まないけんようです。

(4)Access2013のウリは 「カスタムwebアプリ」というもののようで、これを使わないのでは 2013を使う意味がないようだ。

ところが、この「カスタムwebアプリ」、単独ではもちろん、window server 、sql serverだけでは動かせないようで、このほかに更にsharepoint serverなるものも必要らしい。
これが、また たけえーんだな。
お遊びでいじるにしては、わが大蔵省の決済がおりん。

まあ、高級酒をのんだくれたり、高級ホテルに宿泊してン十万払っても意に介さないお方のようにオカネがあるといいんだが。残念ながら「市場社会で評価されない」とやらで、ピーピーじゃ。


2014年1月1日水曜日

謹賀新年2014

あけましておめでとうございます。

今年は、
墨場必携から、和神養素。
精神をやわらげ志又は飾りなき性質を養成する、とあります。