2014年4月28日月曜日

竹藤事件(3)

ジュリスト2013-2月(1450号)に島村暁代先生の評釈があります。

 これまで、行政実務や下級審は保険関係の成否を見ずに、業務遂行性の有無にばかり集中していた、、、、そうした姿勢に最高裁判決は、釘を刺したものであると読み取りつつも、判決には「やや疑問がある」としています。

どこが疑問か-------。

最高裁は、本件を不支給と判断したのは、建築業務と営業等業務の事業の別個性ゆえである。
判旨は、別個性を2つの理由から、すなわち、
1現場と事務所拠点で場所が異なること 
2それら業務では保険料率が異なること
をあげているが、本件では、1についていうと、有期事業の一括としての保険関係成立であり、それは場所的な独立性を捨象するための仕組みであるんだから、場所の異なりを強調して保険関係の不成立をいっても、ちょっと 説得力に欠けるんでないの?

また、2についていえば、保険料率が異なる別事業との取扱いは強制されるものでもあるまい、両方を含めて(一つの事業と)解釈する余地もあるんでないの?通達にもいわく、相異なる数種の事業を行っていても、その事業運営の一過程に過ぎないとみられる場合は一括して保険料率を適用せよ、としてるでないか。
 だから、この料率が違う業種だとの理由も決定的ではないね、と。

概略、先生の言う疑問とはこんなところでしょうか。

***

実務屋からすると、先生もちょっと勘違いされてるのでは、というところが見えますね。

このようにいいます。
現場ごとの保険関係は、被災者が特別加入する際に前提とした保険関係ではない。だって、当該保険関係の事業主は元請業者なので、ご本人は 事業主といえず、特別加入できないではないか。
では、なにを根拠に特別加入?といえば----
下請業者を事業主として、有期事業を一括する保険技術が利用されているようである、と。

むむ。
有期事業の一括とは、下請業務に限ったはなしではない。いや 下請業務には、そもそも一括の問題は生じないということは、実務の世界では当たり前の話。
ですから この方面から「場所的な独立性を捨象する仕組み」を説得して、保険関係成立の必要性なし、よって、既成立(現場作業としての)の特別加入で当該事故をカバーしうるとの主張は、弱い、かな。

むしろ、
これはsr-jinjinのおねだりにもなるんだが、
実務上で、(行政運用上で、ということですが)業種が異なることによる保険関係の別個成立は、
継続事業+継続事業の場合、通常させない。つまり ダブルで成立させていない。
しかし、有期事業+継続事業の場合は (必ず)別個成立させている。
具体的にいうと、前者は、 プレス工場が、金型設計部門を持ってる場合など。後者は、建設資材販売をメーンとする会社が、工事を請け負う場合などである。

この有期事業が一定規模以下の場合、一括となる。
よって この段階で、上記図式は次の3つとなる。
1 継続+継続....................一個の保険関係
2 有期+継続....................二個の保険関係
3 有期一括+継続............二個の保険関係

最後の3を 2との比較で 似て非なるものとの理論展開し、また 1との比較において、非であって似るもの(?)との理論展開により、 保険関係別個成立の不必要性を説得してほしいかったですね。

追記。
この島村先生の評釈で初めて、当該事故は、死体発見が数か月後であったということがわかりました。

 誰もいってないけど。この事情、最高裁判決に影響なかたのかなあ。







 

2014年4月25日金曜日

竹藤事件(2)

月刊巻社労士2012-6月号には 紺屋博昭先生の解説がのっていましたね。既報。

(1)次は 誤解なんじゃあないのかなあ。
先生曰く、
「(保険関係を成立させていた事業の)届出場所と異なる将来の建設予定地下見を目的とするB(被災者のこと--sr-jinjin)の往来途中の事故は、場所独立性を持つ(既成立の保険関係のもととなったところの)『事業』にも『一定組織の相関連作業単位』にも適わない自主行為で、営業経営その他の届出外の行為と評価され、保険関係から除外される」

上記カッコ内は,sr-jinjinの補いであるが、---そのようにしないと意味が取れない---、場所の異なりが、保険関係の不成立や既保険関係への非包摂をもたらしているのではなく、営業下見行為に、労働者を従事させていなかったからでしょう。

つまり、本件では、営業下見場所が、保険成立した事業の場所と違っても、それは法的評価に何ら影響を与えていないんでないの、ということをいいたい。

(2)
「最高裁は救済親和的にこれを届け出義務に付随する現場作業や労働者を使用する従前経緯例として評価反映させることなく、本件では現にBのみ単独で下見を行っている以上、Bがなした営業等の単独行為であるとしか評価しない」

ここは 同感ですね。皮肉屋のsr-jinjinも、
ちょっとを
、最高裁判所さん、とからかってみたくなる。

最高裁は、高裁と違って、そもそも 従業員がいない(下見、営業に従事する従業員がいないの意味)んだから保険関係が成立していないのよ、といって不支給としてるのに、
「現場の下見は、ほとんどBが1人で行っており、従業員も同行したことがあるが、、、」


と、同じ判決文で言っちゃってますが、
 へえ、労働者を営業等の事業に全く従事させてないから、保険関係が成立してなかったんでナカッタッケ、、、なんて ちゃちゃ を入れたくなるところです。

 (3)
先生は こうもいう。
判旨では、「事業の行われる場所」の独立限定性に関する基準をいうが、保険関係成立届にはそうした記載欄は存在しないではないか、わずかに「事業の住所または所在地」欄しかねえよ、と。

ん?
ありゃりゃ,同じなんでねえのかねえ。
どうも、学者先生方には見えてる風景がワレワレとは違ってるのかもしれん。

(4)
先生は、不支給になったって仕方ないんだよ~ん、という論調です。
以下、

「保険関係成立の有無には事後ハードルが存在し、申請届出事業の場所内容を離脱した事業主の事業活動には、事業主側の善意や独自の事業関連性判断や不可欠と思料される段取りや作業があろうとも限定的かつ制約的な行政及び裁判所の解釈により不支給可能性が高まる」

ほらね、あきらめなというひびき。

そして、困っちゃうことに、こんなこと いいます。
上述したような「不支給可能性」が高いんだから、「現場の社労士」は、「保険給付の実情について事業主の理解を深めるべき責務を負う」べく「丁寧に説明し」てあげてね、だって。

ちょっと、まって。
裁判所様が、最高裁まで行くようなことがらを(そこまでいかないとわからないことがらを)、現場の社労士に どう説明させようってわけかなあ。

もうちょっと、見通しの良い制度にしてくれなくちゃあね。




2014年4月23日水曜日

竹藤事件(1)

お勉強です。

竹藤事件の評釈が目に留まりました。法律時報86巻4号、今月号といってよいのかな?

ご存知の方はご存知、広島県で起きた事件で、特別加入者が、現場下見に行って池に転落、死亡したというもの。遺族が労災保険法に基づく給付を求めるも、広島労基署から不支給決定。
それを不服とした取消訴訟で、

1審では不支給決定取消、すなわち給付OK、
しかし高裁では労基署の処分は適法で、遺族の請求を棄却。
最高裁は、っつうと、高裁と同じで、労災法に基ずく給付は受けられないとした。
しかし、高裁と最高裁とでは、その理由が違っていた。(最二小判平成24-2-24)

高裁では、現場下見行為には業務遂行性が認められないというもの。
最高裁は、業務遂行性をうんぬんする前に、そもそも保険関係が成立してないんだからダメジャン、と。

この会社は建設工事屋さんで、特別加入は5番のみ(のようです。6番=建設業の事務所としての事業やその他一元事業部分=リース業などの事業については特別加入の承認を受けていないのはもとより、そもそも保険関係の成立はなかったようですね)


根岸忠先生の評釈では、賛成とも反対とも疑問とも明言はされてませんが、末尾に、「本判決が経理・営業等と建築とで別個の事業としているのは妥当ではないと解される」としていますので、判示には反対、もしくは少なくとも疑問有り、というところでしょうか。

もうちょっとおねだりしたかったのは、
「事業」として保険関係を成立させなくとも良かったではないか、と論を進めるのであれば、その先、すなわち、特別加入承認申請書に その旨記載していなかったことをどのように筋立てして最高裁判決にいちゃもんをつけるか、、、、ここらをもちょっと詳しく述べてもらいたかったですね。




2014年4月14日月曜日

追っかけティイーシー フォーティエイト

あは、TEC48です。

実務屋社労士としてのつまらんこだわりがありましてですね、待ってるんです。
テックジャパン事件の差戻審を。

まだ、でてませんよね?
よの評釈をかき集めてみたが、どうにも痒い所に手が届かん。

そんな中、大内先生がご自身のブログにて「ビジネスガイド誌に書くよ」との先行紹介があったので楽しみに待っていたところ、これまたザンネン、大内先生の興味は、sr-jinjinのつまらんこだわりとは別なところにあるようだ。

ま、それほどに、あっしのこだわりなんぞは、つまらんということなんでしょうが。

ケースブック労働法にテックジャパン事件が掲載されています。
なんてったって、菅野和夫先生監修。

どんな紹介かなと眺めてみると、、、、、、

1審はたしかに認容してるんですが215ページの下から8行目と4行目。

いずれも同じく「Xの請求を認容」と記載しています。しかし同じ認容でも、ちょっと
違うんでないのかねえと思うんでけどね。

 そこに触れてくれないと困るのよン。

「あっ、ちが、もっと上、、、、アハン、いやん、もっとした、、、、」




2014年4月12日土曜日

トーショクさん

おやまぁ、エンドーせんせが、 あまりにばかばかしいので、やめるって。

まぁ 同感ですね。ばかばかしい。
と同時に、同じく あまりに はずかしいというのも同感。

そもそも、このブログを始めたのだって、ホントは、 あまりに恥ずかしいので
こりゃあ ひとこと言わんとなぁ、と思ってのもの。

そりゃあ、 「わたし」でしゃべってるんなら、余のブログと同じくほうっときますわな。

なんてったって、 トーショク ですからね。
みずからにかけられた攻撃とおもって何が悪い。

ところで。
この「トーショク」

実は、今裁判でお争いになってる相手方が 全国行脚してるときに触れ回っていたのよね。ショーショクとかトーショクとかってね。
あ もちろん、正しい使用法で、ですよ。いまのトーショクさんみたいに間違ってはいなかった。

だから、
いつ「トーショク」なることばをやめるのかなあと思ってみてます。
だって、命をかけてるらしい裁判の相手方に教えてもらってるわけですから。

屈辱とは思わんのかねえ、、、わからん。



2014年4月10日木曜日

本日は意味不明の、、、、

ひとと たえ様、、、そりゃあ、おかあ様からのおくりものでっせ。
なんとステキな日記なんでしょう。

1984年といやあ、社労士開業したころだ、うん 30ウン歳だ。
件のおとうさまは。調べると50台前半。


そんなに、おとうさまをお笑わらいくださるな。
(あ、包みこむような笑いであることは重々承知ですよ)

むかし、その対極側にある言葉をは、隠語として聞いたことがあります。
大工サンたちがお昼休みの時に、話してたのよ。

「赤○○・・・」

ん? なんのこと?   と思ったが、サッシのいいsr-jinjinnは、
リーガルマインドとやらは からきし ダメなんだけど、おおよそ見当がつくんです。

で、 見当だけでなく、「その筋」に 確かめたら、うん、なるほど。

図星でした。


・・・

ん?
まさか、うちのヤツ!






*興味を覚えた方は、文藝春秋5月号をお買い求めのうえ、437ページを
ご覧ください。









2014年4月6日日曜日

えー、右手側が 舞妓はんどすぇ。


あんまし同行したくなかった旅ですが、行ってみたら楽しかった。

えー、右手側が 舞妓はんどすぇ。