2015年3月12日木曜日

Xperiaなかなかいいですな。

たまには 更新しましょう。

 タブレットにデフォルトで設定されてるスケジューラー或はカレンダー機能というものは、それはそれで 良いソフトだとは思うんだけれど、そこだけで完結してしまうというところが どうにも 嫌 で、タブレットそのものを使う気になれない。つまり、事務所データ(ベース)との連携を少しも図れないではないか、ということだ。 

 ところが、最近、Xperia Z3を弄繰り回していると、なかなかどうして、こりゃあ いよいよ使えるかという気がしてきた。
 

まず、さくさく動くのが何とも魅力。

Wi-hi接続は、当然として、テザリング接続でも、ストレスが生じません。それが、通信速度の問題なのか、タブレットの性能によるところなのか、そんなむつかしいことはわからないが、結果として速い。満足。

タブレットにお出まし願うステージは次の7つか。

(1)本拠地LANOCNVPNワイドの本拠地でもある。

(2)自宅LANOCNVPNワイドの拠点の一つ。

(3)隣県にある支店事務所LANOCNVPNワイド拠点の一つ

(4)OCNVPNワイドの拠点となれないところ。ZeroXVPNであるBeatで接続。

(5)高速サービスエリアなど、Wi-hiサービスをしているところ。

(6)喫茶店などWi-hiサービスをして

(7)お客さんで、理解があってWi-hiを使用させてくれるところ。

(1)から(3)は、wi-hi接続で、本部LANに入ることができ、既にあるデータ資産は有効利用することができる。

(4)は、テザリング接続となる。そうしたうえで、VPNログインすると、前記wi-hi接続と同じ効果を得られる。(あは法律論議みたい。)

(5)(6)(7)は、wi-hiで接続したうえで、ZeroxVPNでログインしてLANの一員となる。

つまり、どこにいても、LANの一員となれて、しかも 速いのだ。
------------------

使えるな、思ったのは SQLtool Pro をインストールしてみて、だ。
ストアで見つけたのだが、(400円ぐらいだったか)、なかなか使える。

あらかじめ 作ってある Viewが実行できる。逆から言えば、 出先でLANに入った時に使用したいViewをあらかじめ作っておけばよいということだ。
また、コマンドライン(?)も可能。
 すなわち Select * from 被保険者テーブル where 会社コード=9999 order 被保険者番号
なんてことができる。

欲をいえば きりがないが、ストアドプロシージャも実行できるといいなと思う。
それができると、上記でいえば 9999のところを 変数にして ダイナミックな使い方が可能となる。


、、、、ということで、 いよいよ事務所の面々に Xperiaを配布しようかな。

あ、もうひとつあった。
TeamVieweのような リモートアデスクトップ(アクセス)も結構速い。
上記(1)(2)(3)は、必要ないけど、(4)以降は重宝する。Androidなのに Windowを実行できるということとですもんね、。